エラー コード (センス コード)


光学式ドライブは、問題が発生した場合や、単にホスト (PC、アプリケーション) に特定の状況を伝えるために、エラー コード (業界内ではセンス コードと呼びます) を返します。

このメッセージを記述するためには、数ある中でも MMC が使用されます。

MMC-3 Revision 10e

表 A.1
論理装置のセンス キー、ASC、および ASCQ の割り当て  

SK  ASC  ASCQ
0 / 00 / 00      追加センスなし 
B / 00 / 06      入出力プロセス終了
5 / 00 / 11      オーディオ再生操作中
5 / 00 / 12      オーディオ再生操作が一時停止
5 / 00 / 13      オーディオ再生操作が正常完了
5 / 00 / 14      エラーのためオーディオ再生操作が停止
5 / 00 / 15      復帰する現在のオーディオ ステータスなし
4 / 00 / 17      クリーニングが必要
3 / 02 / 00      シーク完了なし
2 / 04 / 00      論理装置が作動不能のため、報告不能
2 / 04 / 01      論理装置が作動中または作動準備中
2 / 04 / 02      論理装置が作動不能のため、初期化コマンドが必要
2 / 04 / 03      論理装置が作動不能のため、手動介入が必要
2 / 04 / 04      論理装置が作動不能、フォーマット中
2 / 04 / 07      論理装置が作動不能、操作が進行中
2 / 04 / 08      論理装置が作動不能、長い書き込みが進行中
4 / 05 / 00      論理装置が選択に対して応答なし
3 / 06 / 00      参照先位置が検出不能
5 / 07 / 00      複数の装置を選択
4 / 08 / 00      論理装置の通信障害
4 / 08 / 01      論理装置の通信タイムアウト
4 / 08 / 02      論理装置の通信パリティー エラー
4 / 08 / 03      論理装置の通信 CRC エラー (ULTRA-DMA/32)
4 / 09 / 00      トラック追従エラー
4 / 09 / 01      トラッキング サーボ障害
4 / 09 / 02      フォーカス サーボ障害
4 / 09 / 03      スピンドル サーボ障害
4 / 09 / 04      ヘッド選択不正
6 / 0A / 00      エラー ログ オーバーフロー
1 / 0B / 00      警告
1 / 0B / 01      警告 - 規定温度超過
1 / 0B / 02      警告 - エンクロージャの状態が劣化
3 / 0C / 00      書き込みエラー
3 / 0C / 07      書き込みエラー - 回復が必要
3 / 0C / 08      書き込みエラー - 回復失敗
3 / 0C / 09      書き込みエラー - ストリーミング消失
3 / 0C / 0A      書き込みエラー - パディング ブロック追加
3 / 11 / 00      回復不能読み取りエラー
3 / 11 / 01      読み取り再試行回数の上限に到達
3 / 11 / 02      長すぎて訂正不能なエラー
3 / 11 / 05      L-EC 訂正不能エラー
3 / 11 / 06      CIRC 回復不能エラー
3 / 11 / 0F      UPC/EAN 番号の読み取りエラー
3 / 11 / 10      ISRC 番号の読み取りエラー
B / 11 / 11      読み取りエラー - ストリーミング消失
3 / 15 / 00      ランダム位置決めエラー
3 / 15 / 01      機械的位置決めエラー
3 / 15 / 02      メディアの読み取りによって位置決めエラーを検出
1 / 17 / 00      エラー訂正なしでデータを回復
1 / 17 / 01      再試行による回復
1 / 17 / 02      positive ヘッド オフセットによる回復
1 / 17 / 03      negative ヘッド オフセットによる回復
1 / 17 / 04      再試行または CIRC によってデータを回復
1 / 17 / 05      前のセクター ID を使用してデータを回復
1 / 17 / 07      ECC なしでデータを回復 - 再割り当てを推奨
1 / 17 / 08      ECC なしでデータを回復 - 再書き込みを推奨
1 / 17 / 09      ECC なしでデータを回復 - データの再書き込み済み
1 / 18 / 00      エラー訂正によってデータを回復
1 / 18 / 01      エラー訂正と再試行によってデータを回復
1 / 18 / 02      データを回復 - データの自動再割り当て済み
1 / 18 / 03      CIRC によってデータを回復
1 / 18 / 04      L-EC によってデータを回復
1 / 18 / 05      データを回復 - 再割り当てを推奨
1 / 18 / 06      データを回復 - 再書き込みを推奨
1 / 18 / 08      リンクによってデータを回復
5 / 1A / 00      パラメーター リスト長さのエラー
4 / 1B / 00      同期データ転送エラー
A / 1D / 00      検証操作中に不一致を検出
5 / 20 / 00      無効なコマンド命令コード
5 / 21 / 00      論理ブロック アドレスが範囲外
5 / 21 / 01      無効なエレメント アドレス
5 / 21 / 02      書き込み用アドレス無効
5 / 24 / 00      CDB 内無効フィールド
5 / 25 / 00      論理装置がサポートされていない
5 / 26 / 00      パラメーター リスト内の無効フィールド
5 / 26 / 01      パラメーターがサポートされていない
5 / 26 / 02      パラメーター値無効
5 / 26 / 03      しきい値パラメーターがサポートされていない
5 / 26 / 04      アクティブな永続予約の無効な解放
5 / 27 / 00      書き込み保護
5 / 27 / 01      ハードウェアの書き込み保護
5 / 27 / 02      論理装置 ソフトウェアの書き込み保護
5 / 27 / 03      関連した書き込み保護
5 / 27 / 04      持続的書き込み保護
5 / 27 / 05      永続的書き込み保護
7 / 27 / 06      条件付き書き込み保護
6 / 28 / 00      変更を可能にすることができない、メディアが変更された可能性あり
6 / 28 / 01      インポート/エクスポートのエレメント アクセス
6 / 29 / 00      電源オン、リセット、バス リセット
6 / 29 / 01      電源オン
6 / 29 / 02      SCSI バス リセット
6 / 29 / 03      バス リセット機能
6 / 29 / 04      装置の内部リセット
6 / 2A / 00      パラメーター変更
6 / 2A / 01      モード パラメーター変更
6 / 2A / 02      ログ パラメーター変更
6 / 2A / 03      優先使用のための予約
5 / 2B / 00      イニシエーターが切断できないため、コピーを実行できない
5 / 2C / 00      コマンド シーケンス エラー
5 / 2C / 03      現在のプログラム領域が空でない
5 / 2C / 04      現在のプログラム領域が空
6 / 2E / 00      操作時間不足
6 / 2F / 00      イニシエーターがコマンドをクリアした
2 / 30 / 00      非互換メディアが取り付けられた
2 / 30 / 01      メディアの読み取り不可 - 不明なフォーマット
2 / 30 / 02      メディアの読み取り不可 - 非互換フォーマット
2 / 30 / 03      クリーニング カートリッジ インストール済み
2 / 30 / 04      メディアの書き込み不可 - 不明なフォーマット
2 / 30 / 05      メディアの書き込み不可 - 非互換フォーマット
2 / 30 / 06      メディアのフォーマット不可 - 非互換メディア
2 / 30 / 07      クリーニングが失敗
5 / 30 / 08      書き込み不可、アプリケーション コードが不一致
5 / 30 / 09      現在のセッションが追記に固定されていない
5 / 30 / 10      メディアがフォーマットされていない
3 / 31 / 00      メディア フォーマット破壊
3 / 31 / 01      フォーマット コマンド失敗
3 / 31 / 02      予備リンクのためゾーン フォーマットに失敗
  / 34 / 00      エンクロージャ障害
  / 35 / 00      エンクロージャ サービス障害
  / 35 / 01      エンクロージャ機能がサポートされていない
  / 35 / 02      エンクロージャ サービス使用不可
  / 35 / 03      エンクロージャ サービス移行失敗
  / 35 / 04      エンクロージャ サービス移行拒否
1 / 37 / 00      パラメーター丸め済み
5 / 39 / 00      パラメーター保管のサポートなし
2 / 3A / 00      メディアが存在しない
2 / 3A / 01      メディアが存在しない - トレイが閉じている
2 / 3A / 02      メディアが存在しない - トレイが開いている
6 / 3B / 0D      メディア宛先エレメント フル
6 / 3B / 0E      メディア ソース エレメントが空
6 / 3B / 0F      メディアの最後に到達
6 / 3B / 11      メディア マガジンにアクセスできない
6 / 3B / 12      メディア マガジンが取り外された
6 / 3B / 13      メディア マガジンが挿入された
6 / 3B / 14      メディア マガジンがロックされた
6 / 3B / 15      メディア マガジンがロック解除された
4 / 3B / 16      機械的位置決めまたはチェンジャー エラー
5 / 3D / 00      メッセージ内に無効ビット
2 / 3E / 00      論理装置がまだ自己構成されていない
4 / 3E / 01      論理装置障害
4 / 3E / 02      論理装置のタイムアウト
6 / 3F / 00      操作条件変更済み
6 / 3F / 01      マイクロコード変更済み
6 / 3F / 02      操作定義の変更
6 / 3F / 03      照会データ変更済み
4 / 40 / NN      コンポーネント NN (H-FFH) での診断エラー
5 / 43 / 00      メッセージ エラー
4 / 44 / 00      内部ターゲット障害
B / 45 / 00      選択/再選択障害
4 / 46 / 00      ソフト リセット失敗
4 / 47 / 00      SCSI パリティー エラー
B / 48 / 00      イニシエーターがメッセージ受信を検出
B / 49 / 00      不正なメッセージ エラー
4 / 4A / 00      コマンド フェーズ エラー
4 / 4B / 00      データ フェーズ エラー
4 / 4C / 00      論理装置が自己構成に失敗
B / 4D / NN      タグ付き重複コマンド (NN = キュー タグ)
B / 4E / 00      重複コマンドの試行
3 / 51 / 00      消去失敗
3 / 51 / 01      消去失敗 - 不完全な消去操作を検出
4 / 53 / 00      メディアのロードまたは排出に失敗
5 / 53 / 02      メディア除去保護
5 / 55 / 00      システム リソース障害
3 / 57 / 00      目次回復不能
6 / 5A / 00      オペレーター要求または状態変更入力
6 / 5A / 01      オペレーター メディア除去
6 / 5A / 02      オペレーター書き込み保護
6 / 5A / 03      オペレーター書き込み許可
6 / 5B / 00      ログ例外
6 / 5B / 01      しきい値条件合致
6 / 5B / 02      ログ カウンター最大
6 / 5B / 03      ログ リスト コードを使い尽くした
1 / 5D / 01      障害予測しきい値を超過、メディア障害が予測される
1 / 5D / 02      論理装置の障害予測しきい値を超過
1 / 5D / 03      障害予測しきい値を超過、予備領域の枯渇が予測される
1 / 5D / FF      障害予測しきい値を超過 (false)
6 / 5E / 00      低パワー状態がオン
6 / 5E / 01      タイマーによってアイドル状態が作動
6 / 5E / 02      タイマーによってスタンバイ状態が作動
6 / 5E / 03      コマンドによってアイドル状態が作動
6 / 5E / 04      コマンドによってスタンバイ状態が作動
5 / 63 / 00      このトラックでユーザー領域の最後に到達
5 / 63 / 01      使用可能な領域にパケットが収まらない
5 / 64 / 00      このトラックに対する無効なモード
5 / 64 / 01      無効なパケット サイズ
4 / 65 / 00      電圧障害
5 / 6F / 00      コピー保護用キーの交換に失敗 - 認証エラー
5 / 6F / 01      コピー保護用キーの交換に失敗 - キーが存在しない
5 / 6F / 02      コピー保護用キーの交換に失敗 - キーが設定されていない
5 / 6F / 03      認証なしでのスクランブル セクターの読み取り
5 / 6F / 04      メディア リージョン コードが論理装置 リージョンと不一致
5 / 6F / 05      論理装置リージョンは永続性が必要/リージョン リセット カウント エラー
3 / 72 / 00      セッション固定エラー
3 / 72 / 01      リードイン書き込み中にセッション固定エラー
3 / 72 / 02      リードアウト書き込み中にセッション固定エラー
5 / 72 / 03      セッション固定エラー - セッション中のトラックが不完全
5 / 72 / 04      予約済みトラックが空か、部分的に書き込まれている
5 / 72 / 05      トラックの予約がこれ以上許可されていない
3 / 73 / 00      CD コントロール エラー
1 / 73 / 01      パワー キャリブレーション領域がほぼいっぱい
3 / 73 / 02      パワー キャリブレーション領域がいっぱい
3 / 73 / 03      パワー キャリブレーション領域エラー
3 / 73 / 04      プログラム メモリ領域の更新に失敗
3 / 73 / 05      プログラム メモリ領域がいっぱい
3 / 73 / 06      RMAPMA がほぼいっぱい
0 / 00 / 00      追加センスなし
B / 00 / 06      入出力プロセス終了
2 / 04 / 00      論理装置が作動不能のため、報告不能
2 / 04 / 01      論理装置が作動中または作動準備中
2 / 04 / 02      論理装置が作動不能のため、初期化コマンドが必要
2 / 04 / 03      論理装置が作動不能のため、手動介入が必要
2 / 04 / 04      論理装置が作動不能、フォーマット中
2 / 04 / 07      論理装置が作動不能、操作が進行中
2 / 04 / 08      論理装置が作動不能、長い書き込みが進行中
4 / 05 / 00      論理装置が選択に対して応答なし
5 / 07 / 00      複数の装置を選択
4 / 08 / 00      論理装置の通信障害
4 / 08 / 01      論理装置の通信タイムアウト
4 / 08 / 02      論理装置の通信パリティー エラー
6 / 0A / 00      エラー ログ オーバーフロー
1 / 0B / 00      警告
1 / 0B / 01      警告 - 規定温度超過
1 / 0B / 02      警告 - エンクロージャの状態が劣化
5 / 1A / 00      パラメーター リスト長さのエラー
4 / 1B / 00      同期データ転送エラー
5 / 20 / 00      無効なコマンド命令コード
5 / 24 / 00      CDB 内無効フィールド
5 / 25 / 00      論理装置がサポートされていない
5 / 26 / 00      パラメーター リスト内の無効フィールド
5 / 26 / 01      パラメーターがサポートされていない
5 / 26 / 02      パラメーター値無効
6 / 28 / 00      変更を可能にすることができない、メディアが変更された可能性あり
6 / 29 / 00      電源オン、リセット、バス リセット
6 / 29 / 01      電源オン
6 / 29 / 02      SCSI バス リセット
6 / 29 / 03      バス リセット機能
6 / 29 / 04      装置の内部リセット
6 / 2A / 00      パラメーター変更
6 / 2A / 01      モード パラメーター変更
6 / 2A / 02      ログ パラメーター変更
6 / 2F / 00      イニシエーターがコマンドをクリアした
  / 34 / 00      エンクロージャ障害
  / 35 / 00      エンクロージャ サービス障害
  / 35 / 01      エンクロージャ機能がサポートされていない
  / 35 / 02      エンクロージャ サービス使用不可
  / 35 / 03      エンクロージャ サービス移行失敗
  / 35 / 04      エンクロージャ サービス移行拒否
5 / 3D / 00      メッセージ内に無効ビット
2 / 3E / 00      論理装置がまだ自己構成されていない
4 / 3E / 01      論理装置障害
4 / 3E / 02      論理装置のタイムアウト
6 / 3F / 00      操作条件変更済み
6 / 3F / 01      マイクロコード変更済み
6 / 3F / 02      操作定義の変更
6 / 3F / 03      照会データ変更済み
4 / 40 / NN      コンポーネント NN (80H-FFH) での診断エラー
5 / 43 / 00      メッセージ エラー
4 / 44 / 00      内部ターゲット障害
B / 45 / 00      選択/再選択障害
4 / 46 / 00      ソフト リセット失敗
4 / 47 / 00      SCSI パリティー エラー
B / 48 / 00      イニシエーターがメッセージ受信を検出
B / 49 / 00      不正なメッセージ エラー
4 / 4A / 00      コマンド フェーズ エラー
4 / 4B / 00      データ フェーズ エラー
4 / 4C / 00      論理装置が自己構成に失敗
B / 4D / NN      タグ付き重複コマンド (NN = キュー タグ)
B / 4E / 00      重複コマンドの試行
6 / 5A / 00      オペレーター要求または状態変更入力
6 / 5A / 01      オペレーター メディア除去
6 / 5B / 00      ログ例外
6 / 5B / 01      しきい値条件合致
6 / 5B / 02      ログ カウンター最大
6 / 5B / 03      ログ リスト コードを使い尽くした
6 / 5D / 00      障害予測しきい値を超過 
6 / 5D / FF      障害予測しきい値を超過 (false)
4 / 65 / 00      電圧障害
4 / 00 / 17      クリーニングが必要
3 / 02 / 00      シーク完了なし
3 / 06 / 00      参照先位置が検出不能
4 / 09 / 00      トラック追従エラー
4 / 09 / 01      トラッキング サーボ障害
4 / 09 / 02      フォーカス サーボ障害
4 / 09 / 03      スピンドル サーボ障害
4 / 09 / 04      ヘッド選択不正
3 / 11 / 00      回復不能読み取りエラー
3 / 11 / 01      読み取り再試行回数の上限に到達
3 / 11 / 02      長すぎて訂正不能なエラー
3 / 11 / 05      L-EC 訂正不能エラー
3 / 11 / 06      CIRC 回復不能エラー
3 / 11 / 0F      UPC/EAN 番号の読み取りエラー
3 / 11 / 10      ISRC 番号の読み取りエラー
3 / 15 / 00      ランダム位置決めエラー
3 / 15 / 01      機械的位置決めエラー
3 / 15 / 02      メディアの読み取りによって位置決めエラーを検出
1 / 17 / 00      エラー訂正なしでデータを回復
1 / 17 / 01      再試行による回復
1 / 17 / 02      positive ヘッド オフセットによる回復
1 / 17 / 03      negative ヘッド オフセットによる回復
1 / 17 / 04      再試行または CIRC によってデータを回復
1 / 17 / 05      前のセクター ID を使用してデータを回復
1 / 17 / 07      ECC なしでデータを回復 - 再割り当てを推奨
1 / 17 / 08      ECC なしでデータを回復 - 再書き込みを推奨
1 / 17 / 09      ECC なしでデータを回復 - データの再書き込み済み
1 / 18 / 00      エラー訂正によってデータを回復
1 / 18 / 01      エラー訂正と再試行によってデータを回復
1 / 18 / 02      データを回復 - データの自動再割り当て済み
1 / 18 / 03      CIRC によってデータを回復
1 / 18 / 04      L-EC によってデータを回復
1 / 18 / 05      データを回復 - 再割り当てを推奨
1 / 18 / 06      データを回復 - 再書き込みを推奨
5 / 21 / 00      論理ブロック アドレスが範囲外
2 / 30 / 00      非互換メディアが取り付けられた
2 / 30 / 01      メディアの読み取り不可 - 不明なフォーマット
2 / 30 / 02      メディアの読み取り不可 - 非互換フォーマット
2 / 30 / 03      クリーニング カートリッジ インストール済み
2 / 30 / 07      クリーニングが失敗
3 / 31 / 00      メディア フォーマット破壊
2 / 3A / 00      メディアが存在しない
2 / 3A / 01      メディアが存在しない - トレイが閉じている
2 / 3A / 02      メディアが存在しない - トレイが開いている
3 / 57 / 00      目次回復不能
6 / 5E / 00      低パワー状態がオン
6 / 5E / 01      タイマーによってアイドル状態が作動
6 / 5E / 02      タイマーによってスタンバイ状態が作動
6 / 5E / 03      コマンドによってアイドル状態が作動
6 / 5E / 04      コマンドによってスタンバイ状態が作動
5 / 63 / 00      このトラックでユーザー領域の最後に到達
5 / 64 / 00      このトラックに対する無効なモード
3 / 73 / 00      CD コントロール エラー
3 / 0C / 00      書き込みエラー
3 / 0C / 07      書き込みエラー - 回復が必要
3 / 0C / 08      書き込みエラー - 回復失敗
3 / 0C / 09      書き込みエラー - ストリーミング消失
3 / 0C / 0A      書き込みエラー - パディング ブロック追加
5 / 27 / 00      書き込み保護
5 / 27 / 01      ハードウェアの書き込み保護
5 / 27 / 02      論理装置 ソフトウェアの書き込み保護
5 / 27 / 03      関連した書き込み保護
5 / 27 / 04      持続的書き込み保護
5 / 27 / 05      永続的書き込み保護
2 / 30 / 04      メディアの書き込み不可 - 不明なフォーマット
2 / 30 / 05      メディアの書き込み不可 - 非互換フォーマット
5 / 30 / 08      書き込み不可、アプリケーション コードが不一致
5 / 30 / 09      現在のセッションが追記に固定されていない
5 / 30 / 10      メディアがフォーマットされていない
6 / 5A / 02      オペレーター書き込み保護
6 / 5A / 03      オペレーター書き込み許可
1 / 73 / 01      パワー キャリブレーション領域がほぼいっぱい
3 / 73 / 02      パワー キャリブレーション領域がいっぱい
3 / 73 / 03      パワー キャリブレーション領域エラー
3 / 73 / 04      プログラム メモリ領域の更新に失敗
3 / 73 / 05      プログラム メモリ領域がいっぱい
5 / 2C / 03      現在のプログラム領域が空でない
5 / 2C / 04      現在のプログラム領域が空
3 / 72 / 00      セッション固定エラー
3 / 72 / 01      リードイン書き込み中にセッション固定エラー
3 / 72 / 02      リードアウト書き込み中にセッション固定エラー
5 / 72 / 03      セッション固定エラー - セッション中のトラックが不完全
5 / 72 / 04      予約済みトラックが空か、部分的に書き込まれている

注:
1.  値はすべて 16 進数です。
2.  SK の値が示されていないエラーは、複数のセンス キーに当てはまります。